読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の家庭教師~バイトマンのブログ~

野球の家庭教師をしながら生きている男のブログです。

中学から野球を始めた子がレギュラー獲ってきた話。

f:id:s-snowdrop-find-my:20170301105353j:plain

  • 馴れ初め

 

僕が野球を教えている子の一人に、中学校から初めて野球を始めた子がいます。

 

6月に入る前くらいから教え始めたので、あと3か月で1年が経とうとしています。

 

その子のスイングを最初に見た時の正直な感想は、

 

「遅い。」

 

この一言に尽きました。

 

「レギュラー獲れるかな?」

 

最初のほうはそんな思いでいっぱいだったのを覚えています。

 

それくらい、同年代の子の平均的なスイングスピードとはかけ離れていました。

 

でも当たり前です。周りは小学校から野球を始めたのに対し、この子は中学校1年生から野球を始めました。

 

周りと比べて、約3年間の差があったわけです。

 

しかし、彼は他の子にはない才能を持っていました。

 

 

  • 彼が持っていた才能

 

 

彼が持っていた才能。

 

それは、「とても素直だった」ということです。

 

とにかく彼は素直でした。

 

僕が教えたことを、まずやるのです。

 

できるかできないかじゃなくて、まずはやってみる。

 

そして「できない」となったら、そこから「どうしてだろう?」と考える。

 

彼は最初からこのようにとても素直に、すぐ僕の言ったことをやってくれました。

 

なんで?を考えるのは、後で良いのです。うまくいっても、いかなくても、まずは自分でやってみる。

 

このステップが何よりも大事なステップであり、野球がうまくなる子の共通点なのです。

 

まずはやってみる。これができるのはやはりすごいことだとこの子は自分の身をもって証明してくれました。

 

 

  • 最終的に・・・・

 

 

結論から先に行ってしまうと、彼は3番ファーストとして、レギュラーを獲りました。

 

夏休みの練習試合でヒットを量産して結果を残し、そこからレギュラーとして、一試合目のスタメンに定着しました。

 

秋の大会でも、公式戦でタイムリーを連発し、優勝に貢献しました。

 

彼のスイングは、今ではその当時とは比べ物にならないくらい速いです。

 

打つ打球も鋭く、自分で教えていて驚くほどの成長ぶりでした。

 

今現在は、自分のウィークポイントはどこかを考えてトレーニングに励んでいるそうです。

 

 

  • 僕が思ったこと

 

 

僕が最終的に思ったことは、素直な子は本当に伸びるし、それは才能だということです。

 

素直さってものすごく大事です。

 

素直にまずは聞く。素直に、まずは取り組む。

 

そこから、

 

「なんでこれはダメなんだろう?」

 

「なんでこれはうまくいかないんだろう?」

 

と考える。

 

素直に聞いてやってみることがまずは大事なのかなと思います。

 

考えることはもちろん大事です。大事なのですが、一番最初に考えちゃうと、体が動きません。

 

体が動かないから、思うようにできない。そして、自分ができているかどうかよりも、何がダメなのかばかり考えてしまうようになります。

 

「どうしたらできるのか」

 

ではなくて、

 

「なんでできないのか」

 

ばかりを考えてしまうようになるんですね。

 

これではいけません。ついには思考停止してしまいます。

 

だから、最初はまずやってみる。

 

何事も、やってみる。

 

全てはやはりそこから始まるのだなと感じた朝でした。