読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の家庭教師~バイトマンのブログ~

野球の家庭教師をしながら生きている男のブログです。

バントができない?それって「できない」んじゃなくて、実は「知らない」だけじゃない?

f:id:s-snowdrop-find-my:20170121141339j:plain

僕は大学に行っている傍らで、野球を子供たちに教えています。

 

これが結構楽しくて、自分の野球の経験を子供たちに伝えられるっていうのはすごく楽しいです。

 

そんな中で野球を子供に教えていて思うのは、

 

それってできないんじゃなくて、「知らない」だけなんじゃないの?ということです。

 

例えば、「バントができないんです・・。」って僕に教えてくれた子がいました。

 

「どうしてできないの?」

 

って聞くと、

 

「・・・・・。」

 

みたいな感じで黙り込んだんですね。

 

 

ちょっとの間待ってみると、沈黙の後に

 

「バントの時にヘッドが下がっているから・・?」

 

って一言言ってくれたんです。

 

「そうだよね。それも原因のひとつだよね。」

 

そう僕は答えました。

 

 

野球に限りませんが、スポーツの世界はとても奥深くて、何が正解とか、何がダメとかってあまりはっきりしていないと思います。

 

一般的には「これはダメ」って言われている打ち方だったりするのに、「正しい」って言われている打ち方よりもバンバンヒットを打っちゃったり。

 

だからこそ面白いと思うけど、野球は難しいのかなぁと思います。

 

だから、必要なのは正解を探すことではなくて、引き出しの幅を広げることなのかなと思いました。

 

さっきの男の子が言ってくれた、「バントができない」っていうのは、本人は「できない」と思っているけど、実はできないってことはないんですよね。

 

本当は「できる」んです。

 

だけど、その方法を知らないだけ。

 

バント一つとって見ても、膝を柔らかく使ったり、目線を下げないだったり意識しなければならないことはたくさんあるわけです。

 

バントが上手になるための練習法だってたくさんあります。

 

それなのに、「できない」なんていうことはありません。

 

それは、「知らない」だけだと思います。

 

 

本当に初歩的なことなんですが、なぜバントをするのでしょうか。

 

ランナーを先の塁に進めるためですよね?

 

それがバントをする一番の目的なわけです。

 

上手に転がらなかったとしても、不格好でも、ランナーが先の塁に進めばオーケーなわけです。

 

それなのに、綺麗にライン際にバントができないと、「バントができません」という。

 

おいおい・・・ちょっと待てよ??

となります。

 

今回はバントを例に出しましたが、意外とこういうことって多いはずなんですよね。

 

ヒットエンドランだって同じことです。

 

まず、ボールにバットを当てなければいけない。

 

そして次に、転がさなければいけない。

 

そしてできればそれはライト方向のほうがよい。

 

そこに対する、「なんで?」がないのに、「できない」というのはちょっと違うと思います。

 

 

 

自分がやってることに対する「なんで?」があれば、「できない」は「知らない」だっていうことがわかる。

 

そうすると、できなかったことが「できる」ようになる。

 

もっともっと自分自身も学んでいきたいなと思いました。